知っている?カナガンドッグフードの原材料と激安フードの3つの違い

こんにちは!@huretotoです♪今回はカナガンの原材料と激安ドッグフードとの違いをまとめました。

私のように、いままで激安フードを与えていた人はプレミアムドッグフードの値段の高さに驚きだと思います!

でも、その中身を聞くと「なるほど!」と一瞬で理解できます。私がそうだったように、、。

今回は、カナガンの原材料と激安ドッグフードの原材料の違いについて解説していきたいと思います。参考にしてくれると嬉しいです。

カナガンの原材料と激安フードの原材料

カナガンの原材料と激安フードの原材料を比べて確認してみましょう。

※犬にとって望ましくない原材料が入っていたら赤文字で記しています。

カナガンの原材料

カナガンドッグフード通常ver.から見てみましょう!

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(A 16,250IU/kg、D3 2,400IU/kg、E 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

ラブちゃん愛用のカナガンデンタルドッグフードの中身です。

骨抜き七面鳥生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、チキンオイル3.1%、アルファルファ、乾燥卵3.1%、エンドウ豆タンパク、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、D、E)、プロデン・プラークオフ®2500mg/kg、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、セイヨウハッカ、パセリ、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、カモミール、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

犬にとって危険な原材料が入っていません。

次に、激安フードの中身を見てみましょう。※メーカー名は書きません

激安フードの原材料

も~、下のほう見るとなんだかスゴそうですよね。見たくないけど見ないとワンちゃんの為にならないので頑張りましょう!

原材料穀類
肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ等)、大豆、油脂類(パーム油等)、タンパク加水分解物、植物性タンパク、ビートパルプキシロース、野菜類(トマト、ほうれん草、にんじん)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)pH調整剤

画像

1つずつ解説していきます。

犬の餌の主な原材料が穀物だとダメな理由

最初に、ドッグフードを紹介している人の中には「グレインフリー」でないとダメ!と書かれている方もいます。

しかし、私はそうは思っていません。何故なら、穀物を食べることでエネルギー摂取も効率的に摂ることができるからです。痩せ気味の子、下痢気味の子には逆に穀物類が必要なエネルギー源になるということですね。

粗悪な穀物は良くないですが、玄米などの穀物類は良いと思っています。

そして、今回は何故【穀物】がダメなのか。中には「矛盾だ!」と思う方もいると思うので答えを言いたいと思います。

答え
●穀物を摂るのが悪いわけではない。
●1番多く入っているということが良くない。
犬にとって望ましいのは最低でもお肉類半分以上の割合。
●私たちに置き換えると安い米だけを毎日食べているようなもの。

犬にとって消化が苦手と言われている穀物。

その穀物を1番多く入れている時点で、単価を安くするためのドッグフードだということが分かります。

穀物として中に入れられている材料は、

  • トウモロコシ
  • 小麦

などが主です。

理由は単価が安いから」なんて言われているのです。

初めて知った時は、本当に驚きました。穀物に関しては基礎知識なので覚えておくことをおすすめします。

安いフードを選ぶにしても、肉類が主な原材料として書かれているフードをおすすめします。(1番最初に書かれている材料を見ると良いですよ!)

肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ等)

肉類という書き方に問題ありです。

肉類ではなく、ハッキリとした書き方をしていると飼い主としても安心ですよね。

そして、ビーフはアレルギーを抱えている子が多くいるためオススメはできません。牛肉を食べてケロッとしている子もいますが、毎日は与えないという飼い主さんが多いです。

カナガンの添加物

激安フードの添加物

タイトルとURLをコピーしました